医療関係者向け情報ページについて

こちらは法人向け製品情報です。
閲覧は医療関係者に限らせていただきます。

あなたは医療関係者ですか?

onti

特長

ontiイメージ ontiイメージ2

放射線・放射能を使用した画像検査に対応した従来にない医療被ばく線量管理システム

ontiでは、RRDSRの送受信をはじめ、装置のカウントデータを用いることで画質の物理学的指標とされる雑音等価計数(NEC)を画像確認と同時に自動計算してグラフ表示します。
また、核医学業務に関わる情報を電子化できるため手書きや紙による運用形態を変えることが出来ます。
CTの医療被ばく線量管理に利用するCTDIvol RDSR(DLP等)の送受信や個人体格を考慮した新たな医療被ばく線量指標(SSDE204 SSDE220)を最新の画像工学技術にて瞬時に計算します。さらにX線CT装置用水ファントムの画像解析をJIS規格に基づき簡単な操作のみでグラフ化します。
医療被ばく管理の国際的な標準利用方法を示したREM、REM-NMに基づき開発しており、既存の病院ネットワークに接続後、速やかにご利用頂けます。

  • 対応装置:CR/CT/MG/RF/XA/DX/IO/NM/PT/PX/BMD
  • 核医学の医療被ばく線量管理
    RRDSRの送受信
    核医学のNEC自動算出
    放射性薬剤の投与量情報の電子化
  • CT等の医療被ばく線量管理
    SSDE204 SSDE220の自動算出
    X線CT装置用水ファントムの画像解析
pagetop